反俗日記

多方面のジャンルについて探求する。

コロナウィルスを探究。脱殻(ゲノムRNA放出)⇒素材の合成<転写されたRNA、mRNA>スパイク、膜タンパク、エンペロープたんぱく。 ⇒組み立て成熟(増殖した完成形) ⇒体外に放出⇒飛沫感染、接触感染、空気感染。DNAのセントラルドクマ、DNA転写⇒mRNA⇒翻訳。ゲノムRNA上には、ウイルスの構造を支える材料になるタンパク質や、ウイルスを複製するのに必要な酵素がコーディング ―― 家屋を占拠しレプリカを製造しまくった挙句、死滅させ次の家屋を乗っ取る。

  • twitter.com

  •   W 。体内侵入、脱殻(ゲノムRNA放出)前
  • コロナウィルスのRNA(ゲノム)とヌクレオカプチオ(mRNA)。
  • W。脱殻(ゲノムRNA放出)⇒素材の合成<転写されたRNA、mRNA>スパイク、膜タンパク、エンペロープたんぱく。
  • 組み立て成熟上記の増殖した完成形
  • 体外に放出飛沫感染接触感染、空気感染によって新たな宿主のノド、鼻粘膜付着、侵入
  • ⇒ウィルスは肺に移動し肺細胞に侵入し肺炎症状、肺機能低下、不全で血中酸素(ヘモクロビン)濃度低下=異常高熱、呼吸困難、酸素吸入器装着(中等症の基準)
  • ⇒重症化(酸素吸入器あるいは人工心肺エクモ、集中治療室へ。
  • eetimes.itmedia.co.jp

  • まずは「RNA」についておさらいする

  • まず前提としてコロナウイルスの遺伝情報(ゲノム)は、RNAでできています。そして、そのRNAの説明に避けることができないDNA(デオキシリボ核酸)について、私(江端)から説明します。
  • 設計図(DNA)だけあっても仕方ありません。このDNAの部分情報をコピペし、体(タンパク質)を作る役割を持つものがRNAす。単にRNAと言った場合は伝令RNAを指します。

     RNAをざっくり説明すると、DNAから鋳造された鋳型(金型のことです。そして、RNAの役割は、この鋳型をアミノ酸に押しつけてタンパク質を作ることです。

     つまりRNAが「DNAに書かれた遺伝情報をタンパク質に翻訳、変換する仲介役」という仕事をしているわけです。このDNA、RNAアミノ酸、タンパク質からなる、この一連のプロセスを、生物の基本原理という意味で「セントラルドグマ」と言います。

  • COVID-19の病原体であるコロナウイルスゲノムはヒトのようなで構成DNAではなく、RNAされています。

     このゲノムRNA上には、ウイルスの構造を支える材料になるタンパク質や、ウイルスを複製するのに必要な酵素がコーディング ―― 爆薬の材料の製造手法と、爆弾の設計図が記載(後で説明します) ―― されています

     ヒトの細胞内で材料をタンマリ複製し、これら構造タンパクと脂質の膜でゲノムRNAをくるむと……SARS-CoV-2が再生産されるわけです。このように、最凶にして最悪の性質をもつウイルスを再生産し続ける情報は、全てこのゲノムRNAの上に存在している

  • (1)SARS-CoV-2ではウイルスが細胞(宿主細胞と呼ばれる)に付着し、侵入し、細胞内で自分自身であるSARS-CoV-2を大量生産します→「細胞」という家屋に侵入し、占拠して、そこを大量のSARS-CoV-2のレプリカを製造する、コピペ工場に作り変えてしまいます

    (2)ウイルスの遺伝物質は細胞を支配し、強制的にウイルスを複製させます。ウイルスに感染した細胞は、ウイルスによって正常に機能できなくなるため、通常は死にます→細胞という家屋を占拠して、思いのままに使い倒した揚げ句、最後には家屋を破壊します。W。感染拡大

    (3)細胞が死ぬと、その細胞から新しいウイルスが放出され、他の細胞に感染します→家屋を爆破する前に、「大量生産したレプリカ(SARS-CoV-2)」をバラまいて、別の家屋(細胞)を乗っ取りに行きます。」W。感染拡大。W。鼻、のど侵入増殖、放出⇒肺に侵入、肺炎肺機能低下引用終わり。

  • 人体の細胞更新速度

  • W。以下、納得できない記述もあるが一応載せておく。増殖力強大=対抗薬、人体を痛めるので適切な薬ができない、ということではないだろうか?
  • SARS-CoV-2は ―― どこの悪魔が設計したか知りませんが ―― 失敗したコピペを修正する機能を有する酵素(デジタル符号化における、誤り訂正機能のようなもの)を持っているらしいのです、うっとうしいことに。

     このコピペ修正機能のせいで、既存の抗ウイルス薬が単純にSARS-CoV-2に応用できないようなのです。

     つまり、SARS-CoV-2のコピペの妨害をするだけでは足りないのです。SARS-CoV-2そのもの、つまりRANを切断し、分解し、バラバラに解体しなければ太刀打ちできないのです。」引用終わり。

  • mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

  • 引用「mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは、数分から数日といった時間の経過とともに分解されていきます。また、mRNAは、人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。身体の中で、人の遺伝情報(DNA)からmRNAがつくられる仕組みがありますが、情報の流れは一方通行で、逆にmRNAからはDNAはつくられません。こうしたことから、mRNAを注射することで、その情報が長期に残ったり、精子卵子の遺伝情報に取り込まれることはないと考えられています。」
  • >W.特例承認「このような一般的な科学的な知見だけでなく、薬事承認に当たっては、動物試験や臨床試験の結果に基づいて安全性を評価し、審査を行っていきます。」
  • 0008.jpg
  • 政府当局、インド株蔓延状況による新たな段階突入を見越して入院制限発表=重症患者優先、中等症1は自宅待機(相変わらずキャパ矮小限界ハッキリの保健所管理下)。検査、隔離の大原則無視=58%家庭内感染助長!従来通り、人流抑制、飲食ターゲット~自粛頼みの一方でロックダウン議論で脅かし自粛。
  • 以下の①ネアンデルタール人ゲノム遺伝=インドヨーロッパ語族⇒コロナ以上蔓延、重症化率大説も信憑性がある。確かに、東アジアではコロナ感染が低位に抑えられている。
  • また、②東アジアにおける歴史的なコロナ感染症に対する免疫抗体説もある。
  • www.oist.jp

  • news.yahoo.co.jp

  • 引用「

    W。素人考えだが自分もそう思った。

    あらゆる意味で←コロナ渦の競技ばかりでなく、日本国と国民だけが負担を背負い込んだという意味でも不公平五輪が想定される中でのメダルラッシュやいわゆる国威発揚など終わってみれば架空の世界の一過性の出来事

    それでは国民全般は飯が食えない、のは明らか

    むしろコロナ蔓延を見越しての入院制限、自宅待機支持、経済さらに低迷で、国内政治状況の悪化は必至。

    そうした状況下の自民党総裁選に引き継ぐ衆院選で、従来通りの結果が出るとアパシーはコロナ感染症の蔓延と共に列島住民に拡大浸透する

    自民党政権はそこまで先を読んでいるのではないか。

    >パイの大きさ不変なら、さらに座れる椅子が足りないなら、後は近隣諸国を悪者に仕立て上げ、分け前争い。椅子取りゲームを続けていくかない。

    >日本の支配層も基本的には経済的政治的にグローバルな存在、列島が危うくなれば真っ先に逃げていく。災厄を一手に引き受けるのは「一般国民」だ。

     諸外国の冷めた視線からは、2020年東京五輪は長期経済停滞、東日本大震災福島原発事故からの起死回生の祭りごと、とみられているのであって、首相のアンダーコントロールだとか、復興五輪、ましてやコロナに打ち勝つ証としての云々など、文言通り受け止められていない。そこまで犠牲を払ってよくやるよ、理解の他と想われているのではないか。

    神風特攻とまではいかないが、その種の無展望が内在しているのは間違いない。

    >右翼が政権を握るとロクなことはなかった。コレが歴史の教訓。

    >中曽根政権時代の基本政策がグローバル資本制に反する伝統回帰になったことが後々まで悪影響を及ぼしたというのが持論である。欧米がよくも悪くもグローバル資本制に適応する身軽な家族単位を法制的に定着させた家族革命を進行させているのに伝統的家族中心の諸政策などあり得ない

    家族幻想⇔国家共同幻想、その集約が象徴天皇制である。

    ココに住民に対するセキュリティー保障としての国家機構などあり得ない内外の政治経済状況が窮屈になると家族幻想⇔国家共同幻想、その集約が象徴天皇制の連鎖に頼り、結果、住民は犠牲を強いられる。

    菅首相らのコロナ患者への入院制限は近世、近代日本国家のそもそもの成り立ちが住民のホッブス的なセキュリティーの必要から生まれたものでないことの証左、住民は<領主>国家に貢ぎ、犠牲を要求される奉仕者である。肝心な時期にそういう日本国家の相貌が表層に浮上する。

    >日本の地政学的な立ち位置が今後の日本の行く末を大きく左右する。

    news.yahoo.co.jp

    門倉貴史 認証済み

     | エコノミスト/経済評論家

    政策当局の感染対策が常に失敗するのは、感染対策の成否を評価する際、行動経済学でいうところの「自己奉仕バイアス」が強く働くからだ。自己奉仕バイアスとは、成功は自分の手柄にして、失敗は外部環境のせいにしてしまう認知傾向のこと。たとえば、政策当局は新型コロナの入院対象者を重症者に絞り込み、原則「自宅療養」にすることを決定した事実上、医療崩壊を認めたことになるが、自己奉仕バイアスの働きによりその責任は認めない医療崩壊の原因としては、政策当局がそもそも医療・介護・保健所体制の拡充を怠っていたこと五輪開催により医療供給体制に余分な負荷をかけたことなどが考えられるが、

    @そうした自らの責任は棚上げして「デルタ株の感染スピードの速さ」という外部環境のせいにしてしまう。「自己奉仕バイアス」の傾向が強まると、失敗しても自らの責任は回避するので、失敗を教訓とせず何度も同じ失敗を繰り返すことになる。

    市川衛 認証済み

     | 医療の「翻訳家」

    東京都は5042人の感染者が確認。初めて5000人を超えました。検査陽性率は20%を超えており、実際の感染者数を把握しきれていないと考えられますので、実際にはもっと増えていると推測されます。
    重症者は135人と、昨日に比べ20人増えています。

    感染者数の先ゆきについて、それを示す手がかりの一つとされる#7119による発熱相談の件数は、現在も伸び続けていますまだピークを迎える前だと考えたほうがよさそうです。

    入院やホテル療養の先が決まっていない「調整中」の人は東京だけで10000人に達そうとしています。コーディネートを行う保健所など行政機関への負担は大きなものになっています。

    まさに緊急事態です。改めて自分自身、感染対策を徹底したいと思います。