反俗日記

多方面のジャンルについて探求する。

#ミュージシャン

「異常気象」の夏が終わって、初秋。ラジオから流れてきたトミー、フラナガンの「枯葉」からビルコリンズ「いつか王子様が」へ、ヤッパリ門外漢にはオスカーピーターソンが安心して聴ける。

ラジオの毎週欠かさず聴いている番組恒例の最期のパーソナリティのお勧め曲(ラブレター)はコレクションから選曲されたトミーフラナガンの「枯葉」だった。 Autumn Leaves/The Super Jazz Trio/Tommy Flanagan http://www.youtube.com/watch?v=JgoNJj7zGsM…

「お座敷小唄」和田弘とマヒナスターズは全部文字で表すとトンでも世界。「再会」松尾和子のTV番組用ステージは肝心の2番の歌詞を放送コードですっ飛ばし、考。「お富さん」春日八郎の作詞者に関心が向かう。

お座敷小唄 和田弘とマヒナスターズ この動画の曲調は当時、TVで聴いたマヒナと松尾和子の音源とかなりかけ離れいる。 マヒナは元ハワイアンバンド。松尾和子はジャズ出身。其々単体でじっくり聴かせる実力派のマッチング。 バックに流れるアコーディオン…