反俗日記

多方面のジャンルについて探求する。

#国際経済

連載第2回。ジョンダワー著「Japan in The Wake of Word Ware Ⅱ」1999年初版。邦題「敗北を抱きしめて」岩波2001年出版。注目点抜粋。

W、この本の特徴の第1は、 日本の文化風俗、庶民生活などを含めたリアルな資料に基づいて書かれたものであるということ。そのためいわゆる歴史書を読みにくくしている政治軍事経済偏重の堅苦しい叙述ではなく、読み物としても面白い。ほぼ当時の全般的な時…

日本文化たち、japanese cultures であり、日本の伝統たち、そして「日本たちJapans」。実をいうと「日本」さえ存在しません。ジョンダワー邦訳「敗北を抱きしめて」原題Japan in Wake of World war Ⅱ。

日本の読者へ 引用開始 「~~日本にせよ合衆国にせよ、戦後を理解するためには戦争事態を理解する必要があるからだ。 >戦争は世界を破壊する。それは単純な死の恐怖と物質的破壊以上のものである。 >戦争は権力を再配分する。戦争は半永久的に社会を変え…

その6。東北アジアのハブ港釜山港と保管梱包加工機能を持つ物流団地。「釜山港で取り扱われるコンテナ量は、日本の東京港・横浜港・名古屋港・大阪港・神戸港の取扱量を足した量よりもまだ少し多い」

2016/08/04 Thu 知っていますか?日本企業も利用する韓国・釜山港のこと http://b.pasona.co.jp/boueki/teachme/2644/ 引用 そもそも、ハブ港って何? 「ハブ港とは、海上運送の中継拠点となる港のことで、通常の港よりも数多くの港への航路が確保されていて…

、「 MOL COMFORT長崎造船所、2008年に建造、沈没事故」について、まだ突っ込み不足。47ハイテン鋼使用箇所のインド洋事故写真。韓国大型コンテナ船建造工程動画紙芝居。溶接現場と技術。

日記、2013/11/2(土) 午後 1:27の記事、「 MOL COMFORT長崎造船所、2008年に建造、沈没事故」について、突っ込み不足が合った。 当該日記の最期に配列したken_non_sumの日記: 三菱長崎造船所建造のコンテナ船、就航 5 年で沈没 インド洋にてのコメント欄に…

三菱重工神戸造船所製作の、蒸気発生器を撮った二枚の写真をデカデカとNO,IMAIGEの警告、理解はするが納得しない。MOL COMFORT長崎造船所、2008年に建造、沈没事故について。

前回の記事に貼り付けた、2013年サンオノフレ原発廃炉決定の原因として当地の電力供給業者から約4000億円の損害賠償裁判に訴えられている、三菱重工神戸造船所製作の、蒸気発生器の状態を撮った二枚の写真が、デカデカとしたNO,IMAIGEの警告となっ…

エマニュエルトッドと佐々木融「インフレ待望論の危険な罠」の引用し米連銀QEヘリから、マネー永遠大量投下作戦=基軸通貨の優位性を利用した一国主義のドル安円高喚起、TPP日本併合に呼応する輩の素顔を暴く。

<最も豊かで最も力のある者にさらに多くの金と権力を!米国のシステムへの全面統合を指向する勢力は米国軍事経済の役割が低下しているまさにその時に、<不平等革命、寡頭制への転換>の全世界的旗頭を米国支配層に見出した>。 エマニュエルトッドさんから…

賭博場と化した為替市場の背景には世界金融制度の問題、カネとモノの過剰、世界経済の歴史的地殻変動があり、今後、経済的激震に至る。

急速な円高による日本経済のロスに対する政府日銀の金融対策が決定された。 俗に買いオペと称されるモノで義務教育では教えてくれないが、高校の教科書では詳しく説明されている。 日銀のやり方やその効果のほどは説明の通り。おそらくアメリカのFRBの金融緩…

今の世界経済の現状に対して日本政府がやれることはない。

最近の為替市場の急速な円高の進行、これと連動する日本の株式市場の落ち込みに対してNHKのニュース番組では日本の金融当局の長期に渡るゼロ金利政策、アメリカ、ヨーロッパ金融当局の個別事情から、日本政府の対策は見出しづらいとの、まっとうな報道をして…